建設業許可の基準①

建設業許可の基準①~経営業務の管理能力

許可を受けるためには、次の資格要件を備えていなければなりません。

①経営業務の管理を適正に行うに足りる能力を有する事
②専任技術者を営業所ごとに置いている事
③請負契約に関して誠実性を有している事
④請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有している事
⑤欠格要件等に該当しない事

それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

①経営業務の管理を適正に足りる能力を有する事

次の(1)(2)の2点を満たすことを言います。
(1)適切な経営能力を有する事
(2)適切な社会保険等に加入している事

(1)適切な経営能力を有することとは
以下の1又は2のいずれかの体制を有するかどうかで判断します。

  1. 常勤役員等のうち1人が次のいずれかに該当するものがあること
    ・建設業に関し、5年以上の経営業務の管理責任者としての経験を有する者
    ・建設業に関し5年以上の経営業務の管理責任者に準ずる地位に有る者(経営業務を執行する権限の委任を受けた者(執行役員等)に限る)として経営業務を管理した経験を有する者
    ・建設業に関し6年以上の経営業務の管理責任者に準ずる地位に有る者として経営業務の管理責任者を補助する業務に従事した経験を有する者
  2. 常勤役員等のうち1人が(ア)のいずれかに該当する者であって、かつ、当該常勤役員等を直接に補佐する者として、(イ)の全てに該当する者をそれぞれ置くこと
    (ア)
    ・建設業に関し2年以上の役員としての経験を有し、かつ5年以上の役員等または役員等に次ぐ職制上の地位に有る者としての経験を有する者
    ・5年以上の役員としての経験を有し、かつ、建設業に関し、2年以上の役員等としての経験を有する者
    (イ)
    ・許可申請等を行う建設業者等において5年以上の財務管理の業務経験を有する者
    ・許可申請等を行う建設業者等において5年以上の労務管理の業務経験を有する者
    ・許可申請等を行う建設業者等において5年以上の業務運営の業務経験を有する者
    ※(イ)は1人が複数の経験を兼ねることが可能

 

(2)適切な社会保険等に加入している事とは
適切な社会保険に加入している事とは、健康保険、厚生年金保険、雇用保険について、建設業者がその加入義務が課されている保険に加入しているものであることを言います。
加入義務が課されている保険に加入していない場合は、建設業の許可及び更新が認められません。