建設業許可の基準③

建設業許可の基準③~誠実性

建設業許可の基準3つ目、誠実性を有していることについて説明します。

③ 請負契約に関して誠実性を有していること

法人・法人の役員等※・個人事業主・支配人・支店長・営業所長が,請負契約に関し,不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者でないことであることが必要になります。

「不正な行為」 :請負契約の締結又は履行の際における詐欺,脅迫,横領等の法律に違反する行為
「不誠実な行為」 :工事内容,工期等請負契約に違反する行為

※法人の役員等:法人の業務を執行する社員,取締役,執行役若しくはこれらに準ずる者又は相談役,顧問その他いかなる名称を有する者であるかを問わず,法人に対し業務を執行する社員,取締役,執行役若しくはこれらに準ずる者と同等以上の支配力を有するものと認められる者をいいます。