相続に必要な手続き③~相続人・相続財産の調査

相続に必要な手続き③~相続人・相続財産の調査

亡くなった人にはどんな遺産があるのか?

その遺産は誰が相続することが出来るのか?

遺産相続の手続きをする為には、まずこの2つをはっきりとさせなくてはなりません。

相続財産の調査

まず、相続財産の調査についてですが、財産の種類として主なものは「不動産」「現金」「預貯金」「有価証券・債券」「自動車」「貴金属・美術品等」が挙げられます。

「不動産」については、固定資産税評価証明書で確認することが出来ます。

「預貯金」は金融機関に残高証明書を請求することが出来ます。

「有価証券・債券」については、上場株式の場合は当該株式の株主名簿管理人である信託銀行証券代行部等に対して「株式数証明書」の発行を依頼することが出来ます。また、株主総会招集通知に封入される「議決権行使書面」に印字されている「保有株式数」でも確認することが出来ます。

「自動車」は車検証を確認し、故人が保有していた自動車の「所有者」であれば、相続人の中から所有権の承継人を決めることになります。残価設定型クレジット払いやカーリース契約をしていた場合は所有者が故人以外になっている可能性が高いので、所有者であるリース会社等に手続き方法を確認します。

「貴金属・美術品等」については、鑑定書などがあるといいでしょう。

相続財産の注意点としては、祭祀財産(お墓など)は相続とは別のルールで承継されること、死亡退職金は相続財産に含まれないこと、生命保険金は契約内容によって扱いが異なること等があります。

これらを一度整理し、どういった遺産があるのか全体像を把握しなくてはなりません。

相続人の調査

次に、これらの遺産を誰が相続出来るのか、についてですが、遺言がない場合は民法で相続出来る人・相続出来る割合が決められています。

これを「法定相続人」といい、亡くなった人の子、直系尊属(亡くなった方の前の世代に属する血族)、兄弟姉妹、配偶者が定められています。

法定相続人とされていても、相続人になる順位が決まっているので、必ずしも相続出来るわけではありません。

まず、配偶者は常に相続人になります。この「配偶者」には事実婚状態のパートナーは含まれず、婚姻関係にある必要があります。

次に、亡くなった方に子がいる場合は子も相続人となります。

子がおらず、直系尊属(親など)がいる場合は直系尊属が相続人となります。

最後に、亡くなった方に子も直系尊属もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。

以上の、「配偶者」「子」「直系尊属」「兄弟姉妹」の組み合わせによって、相続分が変わります。

  • 「配偶者」と「子」がいる場合…配偶者1/2、子1/2
  • 「配偶者」がいるが「子」がおらず、「直系尊属」がいる場合…配偶者2/3、直系尊属1/3
  • 「子」も「直系尊属」もいないが、「配偶者」と「兄弟姉妹」がいる場合…配偶者3/4、兄弟姉妹1/4
  • 「配偶者」のみ/「子」のみ/「直系尊属」のみ/「兄弟姉妹」のみ いる場合…全財産

さらに、例えば相続の時点で「子」が亡くなっている場合でも、その子(つまり亡くなった方の孫)が代わりに相続人になるといった、「代襲相続」もあります。また、相続人が「相続放棄」をした場合は初めから相続人とはならなかったものとみなされます。

相続手続きを始めると、家族が想定していなかった人物が相続人になったり、顔も知らない者同士で遺産分割について話し合わなくてはならないということがあります。

相続トラブルを未然に防ぐ為にも、最初にしっかりと法定相続人を調査することが重要です。

なお、遺言書が残されている場合、法定相続人よりも遺言で相続人として指定された人が優先されるので、遺言がある時は基本的にはその内容に従います。

その際には「遺留分」という、最低限の金額を相続出来る権利に注意する必要があります。
遺留分については下記の記事で説明していますので、ご一読ください。

<<遺留分について>>