遺言を書いた後、気が変わった時は?~遺言の撤回

遺言を書いた後、気が変わった時は?~遺言の撤回

過去に書いた遺言の内容は変えられる?

遺言は相手方のない単独行為であり、遺言者の死亡まで効力が発生しないものです。
遺言を書いた後に気が変わったとしても、遺言者の最終意思を尊重するために、遺言者はいつでも遺言の全部または一部を撤回することが出来ます。
撤回することが出来るのは遺言者本人であり、代理人や相続人には撤回権はありません。

どうやって撤回したらいいの?

遺言を撤回したい場合、遺言の方式に従って「前の遺言内容を撤回する」という撤回遺言によって行うことが出来ます。
また、わざわざ撤回するという内容の遺言をしなくても、後からした遺言の内容を実現するためには、前の遺言を失効させなければならないというような場合には、前の遺言は撤回したものとみなすという決まりがあります。これを「前の遺言と後の遺言の内容が抵触する」という言い方をします。
さらに、遺言と遺言後の生前処分その他の法律行為が抵触する場合も同様に、抵触する部分は撤回したとみなされます。
例えば、Aが「Bに甲土地を与える」という遺言を作成した後で、「Cに甲土地を与える」という遺言を作成してしまったという場合や、甲土地をCに売却してしまったという場合は、「Bに甲土地を与える」という遺言は撤回したものとみなされるので、甲土地はCのものになる、ということになります。

撤回のもう一つの方法として、破棄による撤回があります。遺言者が遺言書または遺贈目的物を破棄した場合、破棄した部分について遺言は撤回されたものとして扱われます。
破棄が自筆証書遺言の成立要件である署名、日付、印の場合には、遺言の全面的な撤回ということになります。

撤回された遺言の復活はあり得る?

一度撤回してしまった遺言を、さらにもう一度気が変わって「やっぱり元に戻したいな…」と思った場合、それは可能でしょうか?

結論から言うと、撤回された遺言の復活は出来ません。上記のように、元に戻したいと思った場合は、元の内容でもう一度新たな遺言を作成することで対応できます。
ただし、例外があり、遺言を撤回する行為が錯誤、詐欺または強迫による場合のような、撤回行為自体が遺言者の真意ではなかったことが明らかな場合は元の遺言が復活されます。