相続

相続について

相続とは?

相続とは、人の死亡によって開始し、その人に帰属していた一切の権利義務を相続人へ承継させる制度のことです。
亡くなった方が持っていた権利義務とは、現金や土地、有価証券等の財産のほか、借金などの負債を含めたものです。
これらが誰に、どのように承継されるかということが問題になります。

遺産分割協議書とは?

相続が発生すると、全ての相続人が参加して遺産の分け方を話し合う必要があります。これが「遺産分割協議」であり、そこで全員が納得して決めた内容を書面にまとめたものが「遺産分割協議書」です。
民法上は、遺産分割協議は口頭だけでも成立するとされています。しかし、例え仲の良い家族であっても、書面で遺産分割協議書をつくっておかないと、後々トラブルになることがあります。
また、遺産分割協議書は不動産の相続登記や、預貯金の払い戻し手続き、自動車の名義変更手続き等でも必要になります。
逆に、遺産を取得する権利を有する人が一人しかいない場合、遺産の分け方が遺言書で指定されている場合、法定相続分通りに不動産を登記する場合は遺産分割協議書は不要です。
遺産分割協議書は書式が決まっているものではありません。しかし、話し合った内容を自由に書いていいというわけではなく、ポイントをおさえて作成する必要があります。
特に、銀行や法務局等、実際に手続きをする中で求められるルールがあります。
もし間違えて作成してしまった場合、再び相続人全員の実印が必要となることもあります。

相続人の調査とは?

遺産分割協議書を作成する為には相続人を確定する必要があります。
なぜならば、相続が開始されると相続財産は相続人全員の共有の財産となり、遺産分割をする際には相続人全員の同意が必要となる為です。もしも、自分なりに調査をしたものの漏れなどがあった場合、遺産分割協議をしたとしても無効になってしまいます。
相続人を確定する為には、戸籍の収集が必要となります。具体的には、被相続人(亡くなった方)の生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍と、相続人全員の現在の戸籍を収集しなくてはなりません。
戸籍謄本は、本籍地のある市町村役場へ請求して発行してもらいます。本籍地が遠方にある場合などは郵送による請求も可能です。
被相続人の生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍は、戸籍の改製や本籍地移転などの関係で請求先が複数市町村になったり、取得必要な戸籍数が予想以上に多くなることも珍しくありません。
その上、高齢の方の戸籍謄本の場合は、手書きであったり、旧仮名によって書かれていたりと、内容を読み解くだけでも骨が折れることがしばしばあります。

相続手続きのお手伝いをいたします!

  • 相続財産調査・財産目録作成
  • 相続人調査(戸籍収集)・相続関係説明図作成
  • 遺産分割協議書作成
  • 金融機関手続き
  • 自動車手続き              等

それぞれのご家庭の事情によって、相続の悩みも様々です。
なかなか他の人に相談し辛いこともあると思います。
どんなことでも、専門家にお気軽にご相談ください。
当事務所は司法書士や税理士とも連携しておりますので、不動産相続登記や相続税に関しても対応することができます。