祭祀財産の承継について

祭祀財産の承継について

祭祀財産という言葉をご存知ですか?
祭祀財産とは、系譜(先祖代々の家系を記したもの)、祭具(位牌、仏壇、その他祖先を祭る用に供するもの)、墳墓(墓石、墓碑等の遺骨、遺骸を収めた建造物や、それらが存在する土地)のことを言います。
祭祀財産は相続財産とは分けて扱われ、相続税の対象にならないという特徴があります。

祭祀財産とは?

祭祀財産は3種類に分かれます。

  • 系譜
     系譜とは、先祖から子孫へと続く血縁関係のつながりを表した記録や絵図のことです。
    家に代々伝わっている家系図や家系譜などが該当します。
  • 祭具
    祭具とは、祭祀に使用される器具の総称です。
    例えば、仏像や位牌、霊位、十字架、庭内神祠などが祭具に該当します。
    仏壇や神棚等、取り外しが困難なものも祭具に該当しますが、仏間などの建物の一部を構成しているものは原則として祭具に該当しますせん。
  • 墳墓
     墳墓とはお墓のことです。墓石、墓碑、霊屋、埋棺などが墳墓に該当します。 

祭祀財産の承継者は誰?

祭祀財産は、祖先の祭祀を主催すべき者(祭祀主催者)が承継すると民法に定められています。
祭祀主催者となるのに、何か特別な制約はありません。血縁関係よりも、故人との生活や愛情の密着度により選ばれるべきとされています。よって、相続人である必要はなく、親族関係であるか否か、氏の異同といったことも問題とされません。
承継者は原則として1人ですが、特段の事情があれば2人を共同承継者として指定することも可能です。
その承継順位は、①被相続人が指定した者、②慣習に従って祖先の祭祀を主催すべき者と定められた者、③家庭裁判所の審判又は調停により定められた者(慣習が明らかでない時) となっています。
祭祀財産の総計には相続の承認や放棄のような規定がなく、承継の放棄や辞退は出来ません。

香典は祭祀財産に入る?

一般的には香典は祭祀財産には含まれないとされています。理由としては、香典は慣習上、喪主又は遺族への贈与であり、主に葬式費用に充てられることを意図しているものと考えられるからです。
ちなみに、葬式費用については①相続財産に関する費用とする見解、②喪主あるいは祭祀承継者が負担すべきであるという見解があります。①の場合は、相続財産の中から葬式費用を出すことになり、共同相続人が単純承認している時は各相続人が相続分の割合に応じて負担することになります。見解は分かれますが、②の方が有力のようです。