相続に必要な手続き⑤~遺産分割協議

相続に必要な手続き⑤~遺産分割協議

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議とは、読んで字のごとく、遺産を分割するための話し合いです。

そして、その結果決まった遺産の分け方を証明する書面が「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議書には相続人全員が署名押印することが必要となります。
遺産分割について協議がまとまらない場合は、家庭裁判所の調停委員会に間に入ってもらい、調停手続きを行います。

また、遺産分割協議で相続人全員の同意があれば、例え遺言で相続分の指定があったとしても、それに反して自由に分割することが出来ます。

遺産分割協議書は必ず作らなくてはいけない?

民法上、遺産分割協議は口頭だけでも成立するとされています。そのため、相続人全員が納得していれば、遺産分割協議書を必ずしも作る必要はありません。
しかし、例え仲の良い家族であっても、遺産分割協議書をきちんと残しておかなかったことで後々トラブルが発生することはよくあることです。

また、実際に相続手続きをすすめる中で不都合が生じることがあります。
例えば、不動産や金融機関の名義変更手続きが必要な場合。遺言書がない場合には、基本的に遺産分割協議書の提示が求められます。
不動産の相続登記も、法定相続分で分ける場合以外は、遺産分割協議書が必要となります。

遺産分割協議書の作成時期には期限はありません。相続が発生してから、何年も経ってしまっていても作成することが出来ます。
しかし、遺産分割協議書の作成を先延ばしにしてしまうと、いつまでも預貯金の払い戻しが出来ませんし、不動産を処分したくなっても処分出来ません。不動産の場合は、その間ずっと固定資産税を払い続けなくてはなりません。
相続が発生した際には、遺産分割協議書の作成が必要なのかどうかをまず検討し、作成する場合はなるべく早く作成することをおすすめします。